忍者ブログ
山好き人間のページ
2017年07月22日 (土) 05時35分  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前の記事お見事スナイパー


次の記事建物爆破の映像
2006年10月04日 (水) 09時03分  

 右の画像はチベットの僧侶さんが手作業で作った砂曼荼羅です。何も無い状態から出来上がるまでの写真は以下のページで見れます↓

  Buddhist Art and Ritual from Nepal and Tibet

そもそも砂曼陀羅ってのは、「土の上に金属の漏斗を使用して着色した石英の粉を少しずつ撒き(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 - 砂絵より)」作るものだそうです。どういった意味合いがあるかは「山田真美の世界」さんのページに書かれています(う~ん、見慣れん漢字が並んでる…)。

 全て手作業ってのが驚きです。出来上がったものはバラバラにして川に流すそうです。もったいないとも思いますが、「諸行無常」ってことなんですね。まぁ、写真で楽しんで下さい。




JRANKホームページランキング

よろしければクリックして1票お願いします
 
PR
前の記事お見事スナイパー


次の記事建物爆破の映像
この記事と関係のないものや、不適切なトラックバックは削除させていただきます。
トラックバックURL:
(URLはクリックで指定できます)
- HOME -


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

RSS

ブログ内検索
最新記事
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別記事一覧
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
アクセス





あわせて読みたい






サイトの言葉を変換
忍者ブログ
[PR]

モンクレールの買取