忍者ブログ
山好き人間のページ
2017年04月27日 (木) 12時23分  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006年08月08日 (火) 22時50分  
 ボクシングの亀田選手に対する問題が収まらない様子ですね。今朝も生番組で、お父さんの史郎さんと漫画家のやくみつるさんがバトルを繰り広げていました。やくさんは派手なシャツに、ネックレス、そしてサングラスをかけ、始めに「コレで亀、縛っとき。しつけ糸や」と亀田父に糸を放り投げ挑発。「お前を怒らせるためにこの格好をしている」「お宅のせがれはコレと同じ事してる」と普段の亀田兄弟に対する批判を展開。普段の亀田兄弟の言動がどういうものか、身をもって分からせようとしたらしいです。一方、亀田父は「俺はケンカしに来たんじゃない、話にきたんや」「お前(やくみつるの事)の言う、安っすいドラマって何のことや」とどなりちらし一時は収拾の付かない状況に。まぁ、詳しくは他のサイトでも扱ってるでしょうし、YouTube でも動画が見れます(part1,part2,part3,part4,part5)からそちらを参考にしてください。結局、亀田父が、やくさんの亀田批判に対して反論したかったらしいのですが、やくさんの挑発によって大混乱という形になったようです。
 さて、ここで一連の亀田選手の世界王者戦に対する話ですが、問題点がハッキリとしないまま、みんなが好き勝手に言い合っているような気がします。ここで一つ抑えておかなくてはならないのは、「判定に関しては亀田選手自身に何の落ち度も無いはず」ということです。全力で試合をし、その結果判定によって勝ちを得ただけです。むしろ判定の基準にこそ問題があり、今後改善していくべき問題点はそこにあるのだと思います。しかし世間一般では、普段の亀田選手の言動が強烈であるためか、そちらに目が向き、判定の問題と亀田選手の言動をゴッチャにして話をしているように思えてなりません。判定に関する問題はコッチ、亀田選手の言動に対してはアッチと論点をしぼって話をするべきでは無いでしょうか。でないと今朝のように収集が付かなくなるだけで何にもならないと思います。 個人的には、亀田選手には頑張ってもらいたいです。相手を威圧すような行動には、何だか惹かれるものがあります。まぁ、多少やりすぎと感じる事もありますが、世界チャンピオンになったし、今回の騒動もあったのでこれを機に自覚が出てくるんじゃないですか。実際は礼儀正しい人らしいですし(会ったことは無いから本当かどうかは分からないけど)。朝青龍も横綱になる前はヤンチャものでしたからねぇ。 また、判定についてですが、コレばっかりはボクシング素人の僕には良く分かりません。新しい採点基準が必要なのか、現行の採点基準のままで判定について明確にするのか、色々選択肢はあると思います。ただ、今回のように「見る側の判断と実際の結果がかけ離れた判定が下される」ことをほったらかしにしておくのは、今後に火種を残すだけのような気がします。 最後についでで、やくさんに一言(って、伝わらないと思いますが…)。「相手に分からせるために、相手と同じ事をする」って、あまりにも子供の発想でしょう。インパクトはあっても説得力の無いパフォーマンスでしかありません。相手の非を責めるのに、自分が同じ事をしていては…。ちょっと考えが浅はかだったのではないかと思います。大人の器のでかさで勝負してもらいたかったものです。



JRANKホームページランキング

よろしければクリックして応援してやってください
PR
この記事と関係のないものや、不適切なトラックバックは削除させていただきます。
トラックバックURL:
(URLはクリックで指定できます)
- HOME -


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

RSS

ブログ内検索
最新記事
カレンダー
03 2017/04 05
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別記事一覧
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
アクセス





あわせて読みたい






サイトの言葉を変換
忍者ブログ
[PR]

モンクレールの買取