忍者ブログ
山好き人間のページ
2017年08月19日 (土) 10時30分  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006年12月04日 (月) 02時05分  

 

lego0612041.jpg

 

 

レゴブロックといえば、ボコボコとしたブロック同士をくっつけって

電車や家など色々なものを作れるおもちゃです。

遊んだ事がある人もたくさんいると思います。

そのブロックが「LEGO DIGITAL DESIGNER」を使って、

パソコンで遊べます。詳しくは以下の通り。

ネタ元は下のページ↓

 

  MOONGIFT オープンソース - LEGO DIGITAL DESIGNER - レゴ社謹製のレゴソフトウェア

 

どんな物かは、スクリーンショットでご紹介。

 

 

家を作りたい場合、下のような基本構造が用意されています。

もちろんゼロから作っても、基本構造をいじくっても作る事ができます。

また、電車や車の基本構造も用意されています

 

lego0612042.jpg

 

右側からブロックを選択します。

左下の操作で、拡大、縮小、回転が出来ます。

 

 

下からのぞく事もできます↓

lego0612043.jpg


 

回転させて後から見ると…↓

lego0612044.jpg

 

 

拡大してみます↓

lego0612045.jpg

 

 

また、拡大の中央位置も指定できるので

様々な方向、拡大倍率で組み立てていく事ができます。

 

「LEGO DIGITAL DESIGNER」のメリットは、

散らからない、ブロックが見つけやすい、半無限的にブロックがある

って事でしょうか。

まぁ、ジャリジャリ探すのが面白かったりするんですが。

昔は、ブロックを広げたままにして、

良く「片付けろ」と言われたものですが、コレだと広げずにすみます。

 

ただ、やはりこういうものは、手にとって組み立てていく方が

面白みがあっていいですね。

パソコン上だと何だか実感がありません。

まぁ、パソコン版はパソコン版で面白いんですが。

 

このソフトを使いたい方は下のページからダウンロードして下さい

 

  LEGO Digital Designer : Virtual Building Software

 

 

・関連記事

  レゴブロックで作った街並み

  M.C.エッシャーの不思議絵をレゴで作ると

PR
この記事と関係のないものや、不適切なトラックバックは削除させていただきます。
トラックバックURL:
(URLはクリックで指定できます)
レゴブロックのシミュレーターがフリーソフトで公開
一個一個、様々な色や形をした小さなブロックパーツを組み立て、一つのものを作り上げる。今なお根強い人気をもっているLEGO(レゴ)ブロック。そのレゴがパソコン上で再現可能になりました。
おすすめ空き時間 2007年04月16日(月)20時46分
- HOME -


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

RSS

ブログ内検索
最新記事
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別記事一覧
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
アクセス





あわせて読みたい






サイトの言葉を変換
忍者ブログ
[PR]

モンクレールの買取