忍者ブログ
山好き人間のページ
2017年03月28日 (火) 13時22分  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006年12月19日 (火) 10時22分  

 

3Dchalk06121905.jpg

 

以前Julian Beeverという、道路を立体的にしてしまう

芸術家を紹介しましたが、

今回はそれと同じような作品を色々紹介します。

写真などは下の通り。

今回紹介するのは市民レベルの作品みたいです。

大規模なものからちょっとしたものまで色々あります。

 

立体的にしてしまう絵とは、上の写真を見れば分かると思いますが、

平面に絵を描いて、さも立体的であるかのように、

錯覚を起こさせる絵のことです。

ただし、見る方向がずれてしまうとへんてこな絵でしかないのですが。

 

以下、ちょっと紹介。画像はクリックすると拡大します。

まず、街の上空を飛ぶヘリコプター↓

3Dchalk06121906.jpg

 

次にサメが道路を食い破っています↓

3Dchalk06121907.jpg

 

そして、何かの昆虫です↓

3Dchalk06121903.jpg

 

 

上でも書きましたが、こういう作品は見る方向が違うと

へんてこな絵にしか見えません。

例えば、一番上の画像のボトルはこんな間延びした感じです↓

3Dchalk06121902.jpg

 

また、最後に挙げた昆虫の絵はこんな感じ↓

3Dchalk06121904.jpg

 

こうしてみると、同じものでも、見方を変えると全く違うものに見える

ってのが、分かる気がします。

絵に限らず、普段、何気なく見てるものも同じかもしれませんね。

 

画像のネタ元は下のページです↓

  It's Knuttz - 3D Chalk Art

このページでは、上で紹介した他にたくさんの写真があります。

たくさんありすぎて、開くのに時間がかかりますが…。

 

・関連記事

道を立体的にしてしまう絵描き

壁に描いた立体画

アリの巣を立体的に観察できる「アントクアリウム」

本から飛び出す作品(Book Art)

PR
この記事と関係のないものや、不適切なトラックバックは削除させていただきます。
トラックバックURL:
(URLはクリックで指定できます)
- HOME -


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

RSS

ブログ内検索
最新記事
カレンダー
02 2017/03 04
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別記事一覧
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
アクセス





あわせて読みたい






サイトの言葉を変換
忍者ブログ
[PR]

モンクレールの買取