忍者ブログ
山好き人間のページ
2017年07月22日 (土) 05時44分  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006年11月11日 (土) 13時20分  

 

 

水面を手で揺らしたりすると、音が鳴る装置があるようです。

YouTube(ユーチューブ)にその動画がアップされていました。

水面を揺らすとなんともいえない音色が奏でられます。

水面を手で揺らしたりすると「ヒィヤ~ン」とか「ポコ」とか、文字では表現しづらい音が鳴っています。動画は下のページから↓

  YouTube - Toriton Plus: Water Surface as Music Controller II

5つのレーザーを使っているそうです。

が、いまいち原理が分からん。

 

で、この装置の作者であり、動画をアップした人のメモ書きには

「A slightly more complex version of using a water surface  as a cheap music controller…」
とあり、どうやら基となった装置があるらしい。

 

探してみたら、基となる装置がありました。

ちょっと長い動画ですが、下のページにあります↓

  YouTube - Water surface as a cheap music controller

レーザーが一つのシンプルなバージョンです。

音も色々と鳴っていますが、コチラも文字で表現するには難しい音が…。

でも、音の種類はこちらの方が豊富みたいです。

 

また、装置については

「A cheapo laser pointer, a solar panel and a clear vase filled with water are transformed into a music controller.…」

とあり、使っているのは、 レーザーと太陽電池、水槽とのこと。

ってことは、原理はこういうこと?↓

  1. レーザーから出る光で、太陽電池で電気を発生
  2. 発生した電気を音に変換
  3. 水槽の水を揺らすとレーザーの香料が変化
  4. 光の量が変化するので発電量も変化
  5. 様々な音が鳴る

本当かぁ???

まぁ、ちゃんとした事は、作者さんのサイトにかかれてあるんだろうと思う(英語なので確かかは分からない)。

サイトは下のページ↓

  Little-Scale

 

まぁ、いづれにしろ、不思議な音の鳴る装置で、なかなか面白いですね。

開発は個人でやられているんでしょうか?

製品化すれば、テーマパークとかで需要がありそうですね。

PR
この記事と関係のないものや、不適切なトラックバックは削除させていただきます。
トラックバックURL:
(URLはクリックで指定できます)
- HOME -


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

RSS

ブログ内検索
最新記事
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別記事一覧
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
アクセス





あわせて読みたい






サイトの言葉を変換
忍者ブログ
[PR]

モンクレールの買取