忍者ブログ
山好き人間のページ
前のページ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ
2017年07月22日 (土) 11時48分  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006年11月11日 (土) 13時20分  

 

 

水面を手で揺らしたりすると、音が鳴る装置があるようです。

YouTube(ユーチューブ)にその動画がアップされていました。

水面を揺らすとなんともいえない音色が奏でられます。

PR
続きは「つづきを読む」からどうぞ
[続きを読む]
2006年11月10日 (金) 14時51分  
MS_windows.jpg

 マイクロソフトのwindowsのGUIを写真で振り返るぺーじがありました。

年明けにはVistaがリリースされますが、version1 からVistaまで、どんなGUIだったか、そしてどうなるかを写真で紹介しています。

ちなみにGUIとは、簡単に言ってしまうと操作画面の事です(解釈が間違ってたらごめんなさい)。

続きは「つづきを読む」からどうぞ
[続きを読む]
2006年11月07日 (火) 19時29分  

 

MS_VE3D.jpg

 

マイクロソフトが精密な3D地図サービスである、「Virtual Earth 3D(バーチャル・アース・スリーディー)」の提供開始しました。(上の画像はスクリーンショット)

詳しくは以下の通り。

続きは「つづきを読む」からどうぞ
[続きを読む]
2006年10月29日 (日) 17時11分  

読売新聞の記事からです↓

  YOMIURI ONLINE - 筑波大開発のロボットスーツ実用化へ

体にロボットを装着して、筋肉の動きをサポートするロボットだそうです。使用すると100kgの荷物を背負うことも可能になるとか。災害現場や医療現場での応用が期待されていているそうです。開発したのは筑波大学の山海嘉之教授で、ビジネス化には、CYBERDYNE(サイバーダイン)社があたるそうです。CYBERDYNE社のホームページは下から↓

  CYBERDYNE Inc. Top Page

HALの写真や仕組みなどが載っています。イベントも盛んにやっているようです。

ロボットと言うだけあって、どでかい装置でも付いているかと思いきや、思ったより小型です。なんだか実用性がありそう。足の不自由な人や災害現場では役に立つと思います。でも、本来使わなくてもいい人が、楽をしようと使うと、ちょっと問題があるようにも思えます。人の体は、使わない部分は衰えていくので、ロボット使って楽していると本当に立てなくなったりしそう。まぁ、使う人次第でしょうか。今後どこまで浸透していくのか、ちょっと楽しみでもありますね。

「サイバーダイン」「ロボット」と言うと、ターミネーターを思い出します。この先、ターミネーターの世界にならないと、思っていますが…。

続きは「つづきを読む」からどうぞ
[コメント・トラックバック]
2006年10月27日 (金) 21時02分  

11large.jpg水の上も陸の上も走れる車を作っている(改造している?)会社があるようです。WaterCar という会社で、ホームページは以下から↓

  WaterCar

上記ページの video gallery から、実際に水から上がって陸を走りだす動画も見れます。写真も多数あります。陸上で時速125マイル(約200km)、水上では時速45マイル(約72km)出るそうです。車のお値段ですが、サイトには「WaterCar will not sell or disclose information about you to third parties...... Period.」と書いてあり、詳しいことは伏せられているようです(訳が間違ってなければの話ですが…)。

すでにこんな技術があるとは、知りませんでした。水から上がって陸を走る時も、もっと時間をかけて切り替えするのかと思いきや、スムーズに切り替わってました。一体、いくらぐらいするんでしょうか?気になります。

空を飛ぶ車ってのは、そのうち出てくるんでしょうかねぇ。


続きは「つづきを読む」からどうぞ
[コメント・トラックバック]
前のページ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ
- HOME -


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

RSS

ブログ内検索
最新記事
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別記事一覧
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
アクセス





あわせて読みたい






サイトの言葉を変換
忍者ブログ
[PR]

モンクレールの買取